お金借りる

無審査の金融会社はある?今すぐお金が必要というときに融資を受ける3つの方法

今すぐお金が必要というときに融資を受ける3つの方法は次の通りです。

  1. 今すぐお金が必要なときには大手消費者金融を利用する
  2. 大手消費者金融の審査が通らないときには中小消費者金融を利用する
  3. 完全に無審査でお金を借りたいときにはクレジットカードのキャッシング枠を利用する

 

結論からいいますと、審査なくお金を借りることができる金融会社はありません。

ただし柔軟な審査が行われていたり、無職や無収入であってもお金を借りることができる場合もあります。

そのようなシーンに応じてお金を借りる方法をここではご紹介していきます。

今すぐお金が必要!融資を受ける3つの方法

お金を借りたい場合におすすめの方法は上記3つの方法をおすすめします。安全な借り方で、安心してお金を借りる方法だといえるからです。

今すぐお金が必要なときにおすすめの方法とは

【結論】

・審査スピード、融資スピードに優れている大手消費者金融を利用する

 

融資スピード 特徴
プロミス 最短1時間 ・上限金利17.8%

・30日間無利息サービスあり

アイフル 最短1時間 ・上限金利18.0%

・30日間無利息サービスあり

アコム 最短1時間 ・上限金利18.0%

・30日間無利息サービスあり

SMBCモビット 審査通過後最短3分 ・上限金利18.0%

・完全WEB完結可能

レイクALSA 最短1時間 ・上限金利18.0%

・「5万円まで180日間」「借入額全額30日間」無利息サービスあり

J.Score(ジェイスコア) 本審査に通過後すぐ ・上限金利12.0%

・AIによる審査で融資まで最短30分程度

 

今すぐお金を借りたいという、急ぎの人であれば大手消費者金融に申し込むことをおすすめします。

上記の表を見ていただいて分かる通り、どの消費者金融においても最短30分から1時間程度でお金を借りることができるのです。

正規の消費者金融ですから、どうしても審査を受けなければなりませんが、信用や返済能力を確認しているだけでハードルが高い審査ではありません。

安定した収入があればアルバイトやパートであってもその収入の範囲内でお金を借りることができます。

スマホアプリだけで申し込みからお金を借りる所まで完結させることもできますから、手軽であることは間違いありません。

消費者金融を警戒している人もいるかもしれませんが、ほとんどが銀行系で安心して借りることができる金融会社なのです。

大手消費者金融の審査が通らないときの方法とは

【結論】

・柔軟な審査であると評判の中小消費者金融を利用する者金融を利用する

 

中小消費者金融 融資スピード 特徴
フクホー 最短即日融資 ・上限金利18.0%

・他社で断られた人でも融資可能

ライフティ 最短即日融資 ・上限金利20.0%

・他社で断られた人でも融資可能

フタバ 最短即日融資 ・上限金利17.950%

・他社からの借入件数4社までなら可能

セントラル 最短即日融資

※平日14時までの申込受付の場合

・上限金利18.0%

・他社で断られた人でも融資可能

中央リテール 最短即日融資 ・上限金利13.0%

・低金利の無担保おまとめローン

 

大手消費者金融の審査に通らなかった人であれば、中小消費者金融に申し込んでみることをおすすめします。

中小消費者金融とは、大手のように全国規模で営業しているわけではありませんが、地元に根付いて地道に営業活動している金融会社です。

そのため大手消費者金融にように画一的な審査が行われているわけではなく、人の手によってその人の返済能力をじっくりと審査しているのです。

過去に金融事故を起こしているブラックの人であっても、申し込み可能となっています。

来店不要でインターネットやスマートフォンだけでお金を借りることができる金融会社もありますから、遠方であっても安心です。

完全に無審査でお金を借りたいときの方法とは

【結論】

・クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを所有している人であれば、キャッシング枠を利用することで無審査でお金を借りることができます。

クレジットカードには買い物で利用することができる「ショッピング枠」の他に、お金を借りることができる「キャッシング枠」が存在します。

大手消費者金融の金利なみの年利18%程度でお金を借りることが可能です。お金の用途も制限されていませんので、手軽に借りることができます。

ただしクレジットカードを所有していないのであれば、クレジットカードに申し込む際に審査が必要となります。

【ケース別】今すぐお金が必要というときに融資を受ける4つの方法

  1. 在籍確認が嫌ならMBCモビットを利用する
  2. 低収入だと諦めているなら大手消費者金融を利用する
  3. ブラックで審査に通らないなら審査が柔軟な中小消費者金融を利用する
  4. 無職で収入がないなら銀行カードローンや国の融資制度を利用する

 

お金が必要にもかかわらずいろいろな事情があって、どこでお金を借りればいいのかわからないという人も多いでしょう。

ここではケース別にお金を借りる方法をご紹介いたします。

在籍確認が嫌なら

【結論】

・SMBCモビットを利用する

大手消費者金融のSMBCモビットであれば、在籍確認は書面上だけで行われます。

在籍確認とは申し込んだ際の職場で本当に働いているのかどうか連絡して確認するというもの。

会社にはどうしてもばれたくないと考えて、大手消費者金融に申し込むのをためらっている人は少なくありません。

しかしSMBCモビットの「WEB完結申込」であれば、申し込みからお金の受け取りまで全てスマホアプリで完結させることができます。

審査の中には在籍確認もあるのですが、必要な書類を提出すれば職場に連絡されることはないのです。

低収入だと諦めているなら

【結論】

・大手消費者金融を利用する

大手消費者金融は収入は関係なく、アルバイトやパートでもお金を借りることができます。

アルバイトやパートであるとしても、安定した収入を得ているのであればその範囲内で融資を受けることが可能となっています。

安定した収入とは、少なくとも3か月程度働いて一定の収入を得ているということを指しています。

つまり現在無職の人でも3ヶ月程度アルバイトで働くことができれば、お金を借りるチャンスが巡ってくるというわけです。

ブラックで審査に通らないなら

【結論】

・審査が柔軟で「ブラックでも申込可能」な中小消費者金融を利用する

ブラックの状態になっていて大手消費者金融や銀行では審査に通らないという人であれば、審査が柔軟な中小消費者金融に申し込めば審査に通る可能性があります。

中小消費者金融は大手とは違い画一的な審査ではなく、人の手によって柔軟に審査が行われています。

そのため過去に長期滞納や債務整理などの金融事故を起こしているとしても、現在安定して収入を得ているのであれば融資を受ける可能性もあるのです。

中小消費者金融は必要な許可を得て営業している金融会社ですから、安心して利用することができます。

無職で収入がないなら

【結論】
  • 専業主婦であれば申込可能な銀行カードローンを利用する
  • 国の融資制度を利用する
専業主婦で収入がないという人であれば、楽天銀行など銀行カードローンに申し込めば審査に通る可能性があります。

夫など世帯に収入がある場合であれば、夫の収入審査がありますが、専業主婦でも申し込み可能となっているのです。

またどうしても働けないという高齢者や障害者などであれば、国の融資制度である「生活福祉資金貸付制度」を利用することができます。

厚生労働省が主体となっている制度であり、市町村にある社会福祉協議会で申し込みすることができます。

連帯保証人があれば無理してお金を借りることができ、連帯保証人がなくても年利1.5%で借りることができます。

単身世帯では月額15万円まで、二人以上の世帯でも月に10万円まで借りることができます。

低金利でお金を借りることができますから、条件に合っている人であれば利用するといいでしょう。

無審査の金融会社はある?絶対に利用してはならない金融会社の実態とは

  • 無審査の金融会社は存在しない
  • クレジットカードの現金化業者はヤミ金融とつながっている可能性があり
  • ヤミ金においても返済できるかどうか審査が行われている

 

基本的には審査なくお金を貸してくれる金融会社はありません。

クレジットカードの現金化業者や闇金融が気になっている人もいるかもしれませんので、その実態についてもお伝えいたします。

無審査の金融会社はある?

【結論】

・無審査の金融会社は存在しません

結論からいいますと、無審査でお金を貸してくれる金融業者は存在しないということです。銀行や消費者金融などの金融機関の場合、返済能力があるのかどうか必ず審査が行われます。

安定した収入を得ているのかどうか必要な書類を審査し、また在籍確認によってきちんと職場で働いているのかどうかまで確認します。

また過去に長期の滞納をしていたり自己破産など債務整理をしていないか、金融事故の有無についても確認するのです。

そのような審査を経てお金を借りることができると理解しておく必要があります。

正規の業者であればもちろんのこと、仮に違法なヤミ金業であるとしても、きちんと取り立てが出来なければ大きな損害になりますから審査は必ず行われているのです。

クレジットカード現金化業者の実態

クレジットカード現金化は、クレジットカード外車の利用規約に違反する行為です。バレる可能性があるので絶対に取り組まないようにしてください。

クレジットカード現金化業者は「絶対にバレない」「交換金率」などと甘い言葉が並んでいるのですが、なかには正規業者ではなく裏業者も潜んでいるので要注意です。

クレジットカードの現金化は次の流れで進んでいきます。

1、指定された商品をクレジットカードのショッピング枠で購入する

2、購入した商品を現金化業者に渡す

3、手数料を引いた金額を受け取ることができる

仮に購入した商品を高い換金率で購入してもらったとしても、クレジットカード会社から請求される金額はそのまま残っていることになります。

さらにその商品をリボ払いなので払ってしまった場合においては、その金利も余分に負担しなければならないことになります。

また現金化業者だ広告で確認換金率は最大のものであって、その換金率で買い取ってくれるわけではないのです。

無審査・即日融資がウリのヤミ金の実態

ヤミ金融とは、必要な許可を得ることなく、営業を行っている金融会社のことです。絶対に利用してはいけません。

そもそもが違法な営業ですから、金利についても法定金利内で収まっているはずはなく、取り立てにおいても貸金業法で定められているルールを守るはずはありません。

金利でいえば大手消費者金融であれば年利18%程度ですが、ヤミ金の場合であれば10日で1割は当たり前、10日で2割が3割ということも珍しくありません。

また取り立てにおいても法律で定められている時間内に得するようなことはなく、早朝や深夜帯などかなり迷惑な時間帯に訪問されることがあります。

職場などに取り立てに来られることもあるのです。そんなヤミ金でも申し込みをした際には審査が行われています。

当然ながら闇金においても営業活動しているものですから、取り立てができないのであれば大きな損益を出すことになってしまいます。

そのため貸したお金は必ず返ってくるように、ある程度の収入があることが必要になってくるのです。