お金借りる

消費者金融は審査が甘い?審査内容や成約率から実態を調べてみた

大手消費者金融は審査が甘いのか、審査内容や制約率から実態を調べてみました。

 

成約率

2019年4月~6月

融資スピード 特徴
プロミス 45.7% 最短1時間 ・金利4.5%~17.8%

・30日間無利息サービスあり

アイフル 45.2% 最短1時間 ・金利3.0%~18.0%

・30日間無利息サービスあり

アコム 45.2% 最短1時間 ・金利3.0%~18.0%

・30日間無利息サービスあり

SMBCモビット 審査通過後最短3分 ・金利3.0%~18.0%

・在籍確認もWEB完結可能

レイクALSA 最短1時間 ・金利4.5%~18.0%

・「5万円まで180日間」「借入額全額」無利息サービスあり

J.Score(ジェイスコア) 最短30分 ・0.8%~12.0%

・「AIスコア・レンディング」アプリでWEB完結可能

 

大手消費者金融は審査が甘い?

消費者金融でお金を借りたい場合には、まず大手消費者金融に申し込むことをおすすめします。審査はそれほど厳しいものではありませんし、消費者金融の中でも金利が低いからです。

しかし、だからと言って、審査が甘いわけではありません。上記の通り、制約率を見ると半分以上が審査に落とされている実態があります。

では中小消費者金融であれば?

消費者金融の審査について、詳しい情報をお伝えしていきます。

まずは大手消費者金融の融資を検討してみる

  • 銀行よりもはるかに審査が甘い
  • 消費者金融の中でも利息が低め
  • 最短1時間程度のスピード融資

 

こお金を借りたいと思っているのであれば、まず大手消費者金融の融資を検討することをおすすめします。

大手消費者金融でお金を借りる場合、銀行よりも高い利息が必要にはなりますが、銀行よりも遥かに審査が甘いといえるからです。

大手消費者金融の審査はマニュアルに沿ったものになっており、一定条件を満たす人であれば融資を受けることができます。

他社からの借り入れがあるとしても安定した収入があり、きちんと返済できると確認されるのであれば問題なくお金を借りることができるのです。

なんといっても消費者金融の中でも利息が低く設定されていますし、無利息期間などもありますからかなりお得だといえます。

さらに審査スピードと融資スピードが早く、最短では申し込みから1時間程度でお金を受け取ることができるのです。

銀行においては即日融資できませんから、急にお金が必要になった場合においては大手消費者金融がいいでしょう。

大手消費者金融の成約率を調べてみたら…

消費者金融 2019年4月~6月
プロミス 45.7%
アイフル 45.2%
アコム 45.2%

 

こ新規契約率を公表している大手消費者金融を調べてみました。上記の表をご覧いただければわかる通り、大手3社の審査通過率はほぼ同じような感じで、45%程度となっています。

公表はされていませんが「SMBCモビット」「レイクALSA」などについても、おそらく同じ程度の審査通過率であることが推測できます。

そう考えてみると新規申し込みをした人の中で、半分以上は審査に落ちているという状況が見て取れます。決して甘い審査ではないと感じることができるでしょう。

銀行と比べると消費者金融の審査は甘いと考えられていますが、ただどのような状況でも審査に通るかと言うとそうではないと断言できます。

そのため審査条件などについてはしっかりと調べておく必要があります。

大手消費者金融の審査は「信用」「返済能力」がカギ

大手消費者金融での審査のポイントは、「信用できる人かどうか」ということと、「安定した収入があって返済できるのかどうか」ということにあります。

「信用できる人かどうか」という部分については、過去の借金で、自己破産などを起こさなかったかどうか、延滞など起こすことなくきちんと返済しているかどうか、などで判断されることになります。

また、安定した収入があって返済できるのかどうかについては、真面目に働いて収入を得ているのかどうかという属性面を判断されることになるのです。

つまり、過去にお金のトラブルを起こしていたり、真面目に働かず、お金にだらしない人であれば、審査に通らないと考えておいた方がいいでしょう。

大手消費者金融で審査に落ちる人は

  • 個人信用情報に記録されているブラックの状態である
  • 無職であり、収入がない
  • 審査に必要な書類が揃えられなかったり、在籍確認ができない

 

大手消費者金融は冒頭からお伝えしている通り、それほど審査に厳しいものではありません。しかし上記に記載している内容に該当している人であれば、信用と返済能力がないと判断されて、審査に落ちてしまうのです。

逆に言えば、ブラックの状態であるとしても個人信用情報の記録が抹消された際には、審査に通る可能性がありますし、無職であれば定職につくように努力すればお金を借りることができます。

また必要な書類をきちんと揃え、在籍確認ができるのであれば信用度が高まりますから、審査に通る可能性も高まるのです。

中小消費者金融は審査が甘い?

  • 大手消費者金融の審査に通らなければ中小消費者金融がおすすめ
  • 中小消費者金融は審査が人の手によるもので柔軟
  • ただし他社からの借入が年収の1/3を超えている場合は審査に通らないことも

中小消費者金融についても審査が甘いのかどうか調べてみました。

大手消費者金融から断られているとしても中小消費者金融ならば通過する可能性があります。詳しくお伝えしていきましょう。

おすすめの中小消費者金融は

中小消費者金融 審査の特徴 特徴
フクホー 柔軟な審査、積極的な融資 ・創業1967年。実績では国内トップクラス

・金利7.3%~18.0%

エイワ 柔軟な審査、積極的な融資 ・全国に22店舗展開

・金利7.3%~18.0%

ライフティ 柔軟な審査、積極的な融資 ・審査スピード最短30分

・金利8.0%~20.0%

フタバ ブラックでも申込可能 ・創業1963年。安定した実績で人気

・金利14.955%~17.950%

アルコシステム 柔軟な審査、積極的な融資 ・創業1983年。兵庫に根付いて営業

・金利15.0%~20.0%

セントラル 柔軟な審査、積極的な融資 ・創業1973年。知名度ではトップレベル

・金利4.8%~18.0%

中央リテール 借金が年収の1/3を超えていても融資可能 ・おまとめ専用ローンで人気

・金利15.0%~20.0%

 

おすすめの、中小消費者金融をご紹介します。

中小消費者金融とは、大手のように、全国展開している金融会社ではなく、地元に根付いて地道に営業活動を行っている消費者金融のことです。もちろん営業許可を取った正規の金融会社なのです。

上記に記載している中小消費者金融は他社で断られた人であっても積極的に融資をしている消費者金融です。

と言ってもヤミ金のように怪しい金融会社ではなく、歴史や実績を積んで人気となっている中小消費者金融なのです。

大手消費者金融の審査に通らなければ中小消費者金融へ

中小消費者金融の場合、大手では絶対に審査に通らないブラックの状態であるとしても安定した収入があれば通過する可能性があります。

大手消費者金融の審査は、マニュアルに沿って画一的な審査をしていますので、条件によってはどうしても審査に通らないという人が出てきます。

しかし中小消費者金融の場合であれば、人の手によって個別に審査が行われていますので、大手で審査に通らなかったとしても、充分通過する可能性があるのです。

金融会社によっては他社の借り入れを一本化することができ返済額が安くなるということもあります。

そのため大手消費者金融で融資を断られたとしても、諦めずに中小消費者金融に申し込んでみることをおすすめします。

中小消費者金融をおすすめできる人とは

大手消費者金融に申し込んで断られた人であれば、中小消費者金融に申し込んでみることをおすすめします。

また過去に借金の返済を延滞したり、遅延を起こしたりしていた人や自己破産などの債務整理をした人であれば、中小消費者金融であれば審査に通る可能性があります。

いわゆるブラックの状態でありますが、ブラックだからといって、融資を断っていれば、中小消費者金融の経営が成り立っていきません。

そのため柔軟な審査を行い、きちんと返済ができると判断できるのであれば、過去に金融事故を起こしていたとしても融資しているのです。

中小消費者金融の審査の実態

中小消費者金融の審査で大事な部分は、他社からの借入状況や現在の収入状況です。他社からの借入がそれほど多くなく、きちんと勤めて安定した収入を得ているような状況であれば、審査に通る可能性が高くなります。

大手と全く違い、画一的な審査ではなく、個別に人の手によって審査が行われています。

過去に金融事故を起こしている、個人信用情報機関に記録されている人であっても、融資してもらうことが出来るのはこれが理由なのです。

もちろんだからといって、個人信用情報を確認していないわけではなく、きちんと確認された後に、収入状況なども確認されることになるのです。

そのため、ブラックであるとしても諦めずに審査を受けてみることをおすすめします。

中小消費者金融の審査に通らない人はこんな人

  1. 他社からの借入額が年収の1/3を上回っている場合
  2. 無職や安定した収入がない場合

中小消費者金融の審査で特に確認される部分については、上記2つのポイントになります。

年収部分については総量規制と呼ばれ、貸金業法に定められているものなのです。そのため、既に借入額が年収の3分の一を上回っていればなかなか審査に通過することは難しくなります。

そのような場合であれば、まず返済をある程度済ましてしまった上で申し込みをしなければなりません。

また、中小消費者金融がどれだけ柔軟な審査であるとしても、無職や安定した収入がなければ返済ができないと判断されてしまい、審査に通りません。

ただしアルバイトやパートであっても安定した収入があるのであれば、審査に通る可能性がありますから、まず数ヶ月でも務めていることが大事です。

審査に甘いヤミ金融の実態とは

  • 法外な金利は当たり前
  • 厳しい取り立ては当たり前
  • ヤミ金は絶対に利用しない

 

ヤミ金はとても審査に甘いので、どれだけ他社に断られているとしても、お金を借りることはできるでしょう。ただし、絶対に利用してはならない金融会社です。

法外な金利は当たり前

ヤミ金の金利は10日で1割というのは当たり前で、中には十日で2割や3割といった法外な金利を搾取する金融会社も珍しくありません。

一般的な消費者金融であれば、おおむね年利で18%から20%程度の金利となっています。いかに法外な金利であることが理解できるでしょう。

これにどのような意味があるのかというと、『絶対に返済することはできない』ということなのです。

厳しい取り立ては当たり前

闇金は違法で営業している金融会社ですから一般的な消費者金融のように貸金業法で定められている取り立てをするわけではありません。

そのため、早朝や深夜など迷惑になるような時間に取り立てに来られることもありますし、取り立ての際には大声を出されることもあります。

職場で働いていれば、職場まで乗り込んでこられ、取り立てをされるようなこともあります。もちろんこのような行為は違法です。

でもヤミ金そのものが違法で営業をしている金融会社ですから、取り立てに関して法を守るようなことはあり得ないのです。

ヤミ金は絶対に利用しない

どれだけお金に困っているとしても、ヤミ金は絶対に利用してはなりません。お金を返せないというだけではなく、人生そのものを棒に振ってしまう可能性すらあるのです。

もしも既に闇金で借金をしてしまっているという場合であれば、弁護士に相談して債務整理などを行うことを検討しましょう。

債務整理によって弁護士が介入すれば、その時点で取り立てに来られることがなくなります。

それだけでも大きな安心を得ることができますし、大幅に返済額が低くなったり、借金そのものがなくなってしまう可能性もあるのです。